沿革

沿革・概要

1976年(昭和51年)5月、創立者(前理事長)・故山口亨の幼児教育理念に基づき設立思考。翌年1977年(昭和52年)2月22日、学校法人山口学園設立認可を受け、同年4月開園。教育経験の中から生まれた「真の実践幼児教育論」を展開する幼稚園として、さらに地域の幼児教育への強い要望に応えるべき教育機関として子ども達とともにスタートをきる。
昭和52年くずは青葉幼稚園新築工事
昭和52年くずは青葉幼稚園新築工事

花 1979年(昭和54年)1981年(昭和56年)には園舎を新増築し現在の保育室数となる。続いて1983年(昭和58年)遊戯室の新築工事を完了し、多目的ホールとして 500名収容可能な施設として、学園内諸行事は勿論、研究発表会、幼児教育セミナー等を開催。


昭和54年 園舎を望む 昭和54年 園舎を望む
昭和54年 園舎を望む

平成9年より預かり保育を実施。平成12年、情報公開並びに広報の一環としてホームページ開設。平成16年、異年齢児活動を本格化。平成18年、園庭開放を実施。

平成20年、21年、22年継続して施設設備改修に着工。平成22年度末(平成23年3月)完成にいたる。

開園四十年の本園歴史を踏まえ、充実した幼児教育の発展に努力研鑽中。

沿革・年表

昭和51年
1976年
5月2日 創立者(前理事長)・故山口亨「建学の精神」を考察
昭和52年
1977年
2月22日 学校法人山口学園 法人認可を大阪府知事より受ける
4月10日 第1回入園式挙行
園地(開園当時)
合計 4249.0m2(1287.5坪)
園舎面積 402.9m2
延床面積 855.7m2 鉄筋コンクリート造り
保育室5室、遊戯室1室、職員室、園長室の構成にて開園
在籍数 79名〔4歳児48名、5歳児31名〕幼稚園教育事業開業
昭和53年
1978年
開園二年を経過し、園児数増加を見込み、園舎増築を検討、計画
昭和54年
1979年
園舎増築工事完成
園舎面積 466.6m2
延床面積 874.8m2 鉄筋コンクリート造保育室・新職員室増築
昭和55年
1980年
園児数増加により、第二次園舎増築を検討、計画に入る
昭和56年
1981年
園舎増築工事完成
園舎面積 83.1m2
延床面積 139.2m2 鉄筋コンクリート造 保育室2室を増築
昭和57年
1982年
園児数増加により、遊戯室新築を検討、計画に入る
昭和58年
1983年
遊戯室増築工事完成(新遊戯室)
園舎面積 317.4m2
延床面積 317.4m2 鉄骨造 遊戯室増築
在籍数528名
昭和59年
1984年
コンピュータ導入し学籍管理他の処理を開始
昭和61年
1986年
開園10周年記念事業として「幼児教育セミナー」開催
講師:井上敏明(教育評論家・六甲カウンセリング研究所所長)講演
記念誌 タブロイド版20頁作成、園児、卒園児に記念下敷配付
昭和62年
1987年
園児定員500名申請、認可400名
昭和63年
1988年
学費口座引落処理をコンピュータ処理開始
平成 2年
1990年
文部省幼稚園教育要領の改訂により園則変更する
平成 3年
1991年
幼稚園パンフレットタブロイド版8頁作成
開園15周年記念として父母会より「太陽電池時計」寄贈
平成 4年
1992年
学校週5日制を導入 園則変更する(平成4年9月より実施)
文部省幼稚園教育要領の趣旨に則り少人数学級編制を採用、園則変更
(1組40名定員を35名定員変更、3歳児は25名定員)
平成 5年
1993年
米飯給食を導入
平成 7年
1995年
園地の拡大
合計 5386.1m2(1632.1坪)
前理事長・故山口亨 大阪府知事より教育功労者表彰 受彰
青葉スポーツクラブ創設(スポーツクラブ開設)
第2回 枚方チャイルドサッカー大会出場 優勝
幼児体育指導を教育課程に編纂
学校週5日制を導入の拡大 園則変更する(平成7年4月実施)
平成 8年
1996年
開園20周年を迎える
平成 9年
1997年
預かり保育の実施
平成10年
1998年
夏期保育の長期化並びに夏期保育中の預かり保育拡大
平成11年
1999年
少子化対策臨時交付金(補助金)にて園舎・保育室改修工事を実施
学費管理システムソフト導入
平成12年
2000年
ホームページ開設 情報発信を開始
平成13年
2001年
Emailにて入園受付開始
平成14年
2002年
食育をテーマに講演会開催 講師:大和学園理事長 田中幸雄氏
平成15年
2003年
園舎改修[体育倉庫、備品倉庫、年少保育室空調設備設置]
平成16年
2004年
異年齢児複合教育活動の本格化(縦割り保育)父母会運営組織の変革
全保育室並びに遊戯室に空調設備を完備
在籍数210名
平成17年
2005年
課外教室として幼児英語教室(ECC)、幼児プレイルーム(学研)、未就園児教室を開講
異年齢児複合教育活動(縦割り保育)の継続
教育講演会開催 講師:大和学園理事長 田中幸雄氏
平成18年
2006年
開園30周年を迎える
園庭開放を実施し、未就園児子育て支援事業に取り組む
異年齢児複合教育活動(縦割り保育)の継続
「食育」教育講演会開催
課外教室エンピツらんど開講
平成19年
2007年
園庭開放を継続実施し未就園児子育て支援事業を拡大
異年齢児複合教育活動(縦割り保育)の継続
課外教室「こどもアートクラブ」開講
園内改修[預かり保育室・年中園舎手洗い場・園庭西花壇・園地周りフェンスの改修]
平成20年
2008年
園庭開放日を月2回とし未就園児子育て支援事業を拡大
未就園児教室キディクラブ開講
夏休み預かり保育開始
給食内容について改良改善、従来にましてアレルギー食への対応を実施
平成21年
2009年
学校評価・自己評価をホームページに公開、併せて財務状況についても公開
異年齢児による教育活動のより充実に努め、その活動期間の長期化を図る
園庭開放を継続実施。夏休み預かり保育の拡大実施並びに冬休み預かり保育の実施
年度末(2010年3月)に平成22年度向けて、保育室6室改修工事(室内手洗場、保育室ドア改修他)並びに園内花壇の安全改修工事を実施。その他の改修工事(屋上防水塗装、園庭境界部分塗装の各修繕工事)を実施完了
平成22年
2010年
異年齢児による教育活動、地域高齢者との交流、小学校との交流(連携)等の教育事業について発展充実を図る
年度末(2011年3月)当初計画の施設設備改修事業の完成
平成23年
2011年
預かり保育の充実を図る[長期休業中に21日間の預かり保育実施]
緊急工事として南園舎壁面の防水塗装工事、並びに北園舎防水塗装工事
保護者用洋式トイレに改修工事を実施
平成24年
2012年
施設設備改修工事を完了。(保育室、職員ミーティィング室、園児休息コーナー、倉庫等改修工事。電子オルガン新規購入。園舎壁面、屋上等防水改修工事を実施)
平成25年
2013年
年長学年「科学遊び」を教育課程に導入
「放課後スイミングクラブ」を課外教室として開設
保育室1室改修工事。倉庫新設。
平成26年
2014年
年長学年「英語指導」を教育課程に導入
理事長・故山口亨、平成26年3月を以て退任し、新理事長に4月 園長・山口尚志が就任。
学籍220名
7月、創立者・山口亨永眠
12月 園舎・防水塗装改修工事を行う。
平成27年
2015年

3月 保育室ロッカー改修工事を行う。
教育環境を整える。

7月 園庭太陽電池時計設置
職員用駐車場整備を行う。

平成28年
2016年
3月 保護者向け駐輪場整備
全園舎トイレ改修工事(和式便器の洋式化、LED照明設置)を行う。
12月 遊戯室床材張替、壁塗装
平成29年
2017年
2月 遊戯室舞台電飾 LED化

学籍221名 建学の精神拡大に向け努力研鑽中

学校法人山口学園 くずは青葉幼稚園 沿革 2017.4.1現在