学校法人山口学園 くずは青葉幼稚園
ご質問にお応えするかたちで・・・
よくお寄せいただくご質問にお応えすることにより、本園のことをご紹介させていただきます。
<< back
保護者は幼稚園に行く回数はどれぐらいですか?
保育参観としてご来園いただく内容は下記の通りです。
5月 通常の保育参観
(入園、進級の様子を主にご参観頂きます)

6月 日曜参観
(ご家族の方と日曜日に楽しく幼稚園で過ごします)

7月 青葉まつり
(土曜日の夕刻より楽しい「夏まつり」を開催します)
青葉まつり
9月 敬老の集い参観
(祖父母の方にご来園頂き楽しく過ごします)

敬老の集い参観
運動会
(躍動あふれる子ども達の頑張りをご参観ください)

10月 躍動の幼稚園生活をおくっています。

11月 作品展
(園児作品展を開催)



文化祭・作品展
12月 音楽会
(子ども達の歌声をお聴きください)

1月 体育指導参観
(幼児体育の様子をご参観ください)

2月 生活発表会
(一年間のまとめとして子ども達の表情をご参観ください)
演奏 遠足 劇
運動会 芋ほり
この他に保護者の方と個人懇談会(4月、7月、12月)によりご来園頂くこととなります。
入園式(4月入園児のみ)卒園式(3月卒園児のみ)
この他に「父母会総会」年2回、学級父母会懇親会が実施されます。概ね、月1度ほど幼稚園にご来園頂くこととなります。

通園バスの停車場所は? 今、バスが通っていないのですが自宅の近くまできてもらえますか?
 年度ごとに通園バス運行コースを編成します。従って、現在運行コースとしてお近くを運行していない状況でも、バス利用をお申し出いただきましたら、自宅(事情により自宅付近)までバス運行いたします。また、前期・後期の二回運行コースの見直しを行ないます。お子さまがバスに乗車頂く最大時間は40分以内としています。

預かり保育の終了時は、お迎えにいくのですか?園バスの送迎はないのですか?
 基本的に「お迎え」とさせていただきます。但し、通園バスご利用の方でお申し出頂いた方は、くずは駅までお送りいたします。

幼稚園に行くとき「駐車場」はありますか?
 申し訳ありませんが、駐車場はありません。乗用車のご使用は自粛ください。尚、参観日などご来園いただく際は、くずは駅まで通園バスを運行いたしております。ご利用ください。また、通常の園児送迎の際にご乗車いただきご来園いただいてもかまいません。数台の駐車場提供については、遠隔地の方を対象にまた保護者事情によっては駐車可としています。

アトピーで食事制限があります。給食は対応して頂けますか?
 できる限りの対応をいたし、アレルギー対応食を供給しています。「食べること」故に入園前にしっかりと保護者の方とご相談させていただき、安心していただける「幼稚園での食生活」の充実につとめています。 
また、園ではお餅つきをしてお餅を食べたり、芋掘りで収穫の喜びを体得したあと、蒸かし芋をみんなで食べたりしています。食べ物については必ず保護者の方にご連絡させていただき豊かな食事を目指しています。

幼稚園で「けが」をしたらどう対処してもらえますか?
 幼稚園では、事故や怪我が起こらないように環境を整えて毎日子ども達を迎えています。遊具の点検や園庭、保育室などかならず始業前に点検を行なっています。しかし、残念なことにやはり子ども同士でぶつかって転んだり、走っていて転んだ時に切傷したりしてしまいます。こんなときは・・・
まず、応急の処置をいたしますが医師の処置治療と判断したときは直ぐに病院(医師)に搬送させていただきます。
同時に保護者の方に連絡させていただき、状況をご報告いたします
ご都合がつくようでしたら、保護者の方に病院(医師のもと)へ行っていただくことをお願いします。お子さんについては幼稚園より搬送処置を執らせていただきます。場合によっては保護者がお越しになれないときは委託をうけ、医師の処置をうけさせて頂きます
投薬のことやアレルギー等のお子さま自身のこともあること、また怪我の様子や状況をお伝えさせて頂くため医療機関にご一緒させていただくという立場を執らせて頂いています。
内科的疾患の場合(幼稚園で急に発熱した時など)は、保護者の方に連絡を執り、お迎えにきていただくようお願いしています。その間は、安静を保ち(発熱の場合は、体温調整等を幼稚園で処置します)
尚、お子さまの体調によりご自宅までお送りする場合もあります。
園内での事故や怪我は、安全点検を行ない防止に努めていますが、万一、怪我をしてしまった時のことを実際の通り記載しています。どろんこになって遊ぶ幼稚園だからこそ、しっかりと「安全な幼児教育環境」の整備・維持に常々努力しています。

朝は何時から登園させてもいいですか?
 午前8時を最も早い園児受入れの時刻としています。ご家庭のご都合やさまざまな事情により、受入れを実施しています。通常の登園時間帯は、不審者対策等の趣旨により、午前8時40分から9時の時間帯(徒歩通園児)としていますのでこの場合は、必ず事前にお知らせ頂くこととしています。尚、通園バスご利用の方は指定した時刻にバスが到着いたしますので、登園を早められる場合は事前にバス乗車しない旨をお知らせ頂くこととしています。(幼稚園まで園バスご利用なくお送り頂くこととなります)

お弁当は週何回?
月曜日・火曜日・水曜日・木曜日の 週4回を給食
金曜日の 週1回を弁当

給食はどんなメニューですか?
 『幼稚園での食事』のページをご参照ください。

お泊まり保育はありますか?
 2005年度より、実施しています。年長児が日頃の生活の場である幼稚園で泊まり、共同生活を過ごします。教育的に大切な意義があり、子ども達も楽しく過ごしました。ホームページの「保護者あて情報発信」のページにその内容(写真等)をリアルタイムで掲載し、保護者の方に安心してお子さまを参加させていただきました。お泊まり保育のあと、子ども達は「充実感」であふれた顔をしていました。「自立」を培う大切な行事です。
お泊り保育 お泊り保育

課外教室はどんな内容ですか?
 『充実の課外教室』のページをご参照ください。

入園面接はどんなことをするのですか?
 保育者とお子さまとお一人ずつ関わり、お話をさせていただきます。入園の面接テストという意味合いよりも「どんな様子かな」ということに重点をおいています。不安と緊張もおありと思いますので、泣いておられたりしてもお話ができなくても別段、かまいません。その後、保護者の方と一緒に園長・主任と面談をさせていただきます。また、10月の面接諮問より半年後の4月にご入園ということより、2月頃に再度保護者の方と面談をさせていただきます。これらは、入園後のお子さまの幼稚園生活を少しでも安定させるために行なっています。より良く、お子さまのことを知ろうとする本園の姿勢です。

洋式トイレしかしたことがない。和式トイレで大丈夫?
 幼稚園では、洋式・和式をそれぞれ設置しています。ご家庭でのトイレトレーニングと幼稚園での実態があまり違うと子ども達はストレスを感じることになります。園では無理なく、保育者が一人一人に配慮し「排泄に行く」ということからはじめ、やがて洋式に限らず和式トイレでも排泄できるようになっています。十分なご家庭との連携を意識して関わっています。

まだ、おむつがとれていません。集団生活するのに心配です?
 上記の通り、ご家庭と連携をとってお子さんと気長に取り組みます。しかし、何時までも「おむつ」というわけにはいきません。幼稚園で遊びたいという子どもの思いが、「おむつ」「排泄」で伸び伸びと遊べない状況をつくっては大変です。タイミングをみて「おむつ」からの離脱も必要な時がきます。保育者は集団生活の中で子どもの気持ちや思い、活動も考えて保護者の方にお願いする時があります。「来週から、おむつを外して登園させてください」このことは、排泄の失敗を恐れることなく心情的な面も援助して子どもに排泄を体得させたいからです。おむつを外してみると生き生きとした表情で遊びが拡がっていきます。
もちろん、入園前にトイレトレーニングを終え、元気に登園していただくことにこしたことはありませんが、月齢によって個人差があります。幼稚園で排泄の失敗をされても子どもの気持ちはもちろんのこと、処理もふくめしっかり対応させていただいています。

「高齢者との交流」ってどんなことをしているの?
 年長児が、幼稚園の近くにある「枚方市立くずは北ディサービスセンター」を訪問し、お年寄りの方と交流をしています。そして、みんなで歌や合奏を披露したり、手遊びやゲームを一緒にしたりして楽しく過ごしています。子ども達は、自然とやさしい気持ちになり、お年寄りの方も和やかなムードで受け入れていただき、「優しさ」や「人を大切にする気持ち」をもらってかえります。

危機管理はどんなふうに対策しておられますか?
 園独自の「危機管理マニュアル」を策定し、不審者対応をしています。園門の常時閉門。インターホン、防犯カメラの設置。防御用として「さすまた」や「警棒」「催涙スプレー」を常備しています。
子ども達には、「不審者に対する意識啓蒙」などを行ない、起こってはならないことへの対応についても指導しています。
保護者あての情報発信は、「不審者情報」を保護者携帯電話mail機能を使用し一斉送信し、リアルタイムで情報発信を心がけています。また、個人情報保護の観点より従来の「連絡網」を中止し、同上の携帯電話メール発信により「臨時休園措置」「行事の延期連絡」「緊急時の連絡」などの連絡体制を整えています。(携帯電話をお持ちでない方には個別に連絡させていただいております)
<< back